ハウスクリーニング札幌福住 >ワックスを自分で掛けるコツ

ワックスを自分で掛けるコツ

 フローリングをキレイに掃除をする

  1. フローリングにこびりついている汚れを取り除きます。特に汚れている部分があれば洗剤等でキレイにします。

  2. 掃除機をかけ、ホコリ・ゴミ等を吸い取ります。

  3. 次に床の雑巾がけをして全体の汚れを拭き取ります。

  4. 最後にフローリングワイパーで小さなゴミや髪の毛などを取って仕上げます。

 ワックスを塗る順番を決めスピーディに!

  1. 奥のほうから順番にワックスを塗って、出口にたどり着くように塗る範囲を目で確認しながら塗っていきます。

  2. スピーディに塗っていく事がフローリングのムラを防ぐコツです。

  3. ワックスを使用する量は最初にモップにある程度ワックスをなじませてから塗っていくと塗りやすいです。 それ以降は少量のワックスを付けるだけで済みます。あまりワックスを多く付けすぎるとこれもムラの原因になりますので注意しましょう。

  4. 全体を塗り終わったら、部屋の温度にもよりますが30分〜40分位乾かします。暖かい日は窓を開けると早く乾きやすいです。

  5. 完全にワックスが乾き終わってから家具類を移動します。

 雨に日は避け、天候の良い日に塗りましょう!

 ワックスをキレイに塗る順番



@ 最初に部屋の隅を塗っておくことがポイントです。 次に、フローリングの並んでいる向きに逆らって上から下、下から上とワックスを塗ります


A 次に、フローリングの並んでいる向きに沿って左から右、右から左へとワックスを塗ります

 黒っぽいフローリングにワックス掛けする時の注意

白っぽいフローリングと比べて、黒っぽいフローリングはホコリやゴミなどが目立ちやすいのが特徴です。ですから、 前者よりはホコリやゴミなどを念入りに処理することが必要です。

また、これは見た目ではすぐ気づきにくいことですが、モップの糸がワックスの付着が原因で硬くなっている部分がフローリングに 線になった痕が残ります。日中は気づきにくいことなんですが、夕方などに照明をつけたりするとそれが見えてきます。 このようなことにならない為に、モップの状態には十分気を使いましょう。



それでもお笑い芸人になりたい