ハウスクリーニング札幌福住 >換気扇のファンの種類

換気扇のファンの種類

当社が実際に扱っている換気扇のファンの種類について特徴と掃除の仕方について説明したいと思います。

アイコン プロペラファン

扇風機の羽根のような形をしたファンのことです。主に、壁付けでキッチンのコンロの上部に取り付けられています。 外部の風の影響を受けると風量が落ちるので、気密性の高い建物や高層階の設置には向かない。

プラスチック製は油汚れが落ちやすいため大概の汚れは簡単に落ちます。 また、モーターが付いている部分を清掃するのは大変な作業になりなす。

アイコン シロッコファン

このタイプは一般家庭のレンジフードに多い様です。ダクト式の排気の場合によく使われています。風量が安定している事から 、高層住宅化や壁から離れた位置に設置されているキッチンなどに向いています。

掃除は一つ一つの羽根を掃除するためかなり時間がかかります。年数が経つとこびり付いた油汚れは取れにくいため非常に厄介です。

アイコン ターボファン

風量や効率を求める場合に使われているようです。羽根の数が少ないため掃除がしやすいのが特徴です。

 換気扇の種類

アイコン 一般換気扇

一般に四角形の枠にシャッターが付いていて、プロペラを取り付けたものです。 シャッター部分についた紐を引っ張るとシャッターが開き、ファンが回る仕組みになっています。

アイコン レンジフード換気扇

システムキッチンにすると普通についてくるタイプです。フードカバーとファンが一体となっている換気扇のことです。今はこのタイプが一般的となっています。

アイコン ダクト用換気扇

外気に面していない部屋に取り付けするのに便利な換気扇です。たとえば、マンションの浴室やトイレ、台所などの天井裏 にダクトを埋め込み換気します。

アイコン パイプ用ファン

トイレや浴室などの小空間でよく使われているタイプです。プロペラファンやターボファンを使い、壁などに 埋め込んだパイプに差し込んで使用します。


それでもお笑い芸人になりたい